洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」 | LEEマルシェ | HAPPY PLUS VOICE
【総額表示に関する大事なお知らせ】

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

スタイリスト 福田麻琴さん×12closet

洗練度が上がる、
春の「麻琴ベーシック」

洗練度が上がる、
春の「麻琴ベーシック」

LEE世代のライフスタイルとトレンド、そして自身の気分を汲んだリアルクローズが毎回大反響を呼ぶ、福田麻琴さんと12closetの名物企画。最新作のテーマは’新しいシルエットで楽しむベーシック’。決して難しくはないのに着た瞬間から洒落感が急上昇するこなれシルエットのブラウスとパンツを筆頭に、全6アイテムが完成しました。おしゃれの幅が広がるコラボ服と一緒に、春を楽しみませんか?

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」
  • Stylist
  • 福田 麻琴さん

ふくだ・まこと●LEEをはじめ多くの媒体で活躍。今年で8年目を迎える12closetとのコラボ企画ではヒット作を連発。最新作の着こなしは、YouTubeチャンネル『FUKUDAKE?』でも紹介予定!

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

バルーンスリーブブラウス

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

タックバルーンパンツ

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

ミニ衿付きニット

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

ボートネックボーダーT

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

前後2WAY八分袖T

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

ギャザーワンピース

Blouse

今季は甘いディテールを素材感で
引き算するようなバランスに惹かれます

体のラインを拾わずにすっきり見えるサイジングも高ポイント。ベーシックなブルーデニムと合わせたら、たちまち爽やかなワントーンコーデに。首元にはP.90で紹介したネックレスをアレンジ。

私のようなシンプル派の人も気負いなく着られるように、素材感と色はヘルシーでメンズっぽいものを。はき慣れたデニムに合わせるだけで新鮮さが高まる一枚です。

  • from
  • Makoto
洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

ゆるりと落ちた肩線と袖口にたっぷりとギャザーを寄せて、ふっくらと軽やかなボリュームを持たせたスリーブが印象的なプルオーバーブラウス。袖に甘さがあるので、素材はしなやかながらもほどよいハリとコシのある、サラリとした風合いのブロード生地を採用。再生ポリエステル×コットンで、動きやすい自然な伸縮性とシワになりにくさも完備しています。サイドスリット入りの裾は、後ろをお尻が隠れる安心の長さに。清潔感とスタイリッシュさを感じるブルーとホワイトの全2色展開です。

Pants

こう見えてトップスも靴も選ばない。
気分まで上がるパンツ、できました!

着こなしに小粋なクリーンさを与えてくれるホワイト。しっかりした生地×立体感のおかげで膨張見えの心配なし。

スミクロに近い発色のブラックが、バルーンシルエットにさらなる洗練感を。

ハイウエストやクロップド丈でメリハリをつけはきやすく。トップスは裾をアウトしてもいいし、靴はなんでもこい(笑)。主役顔でいながら驚きの汎用性を発揮してくれます。

  • from
  • Makoto
洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

ハイウエストに設定した太いベルトの下にタックを2本入れ、太ももやひざまわりに立体感を演出したバルーンパンツ。適度なハリ感と厚みのある綿混ポリエステル生地はシルエットのキープ力に加え、気になるお尻やレッグラインのカモフラ効果も万全。横よりも前後に膨らむシルエットなので、ボリュームがあってもすっきりとはきこなせます。カジュアルダウンが大人に仕上がるブラックとホワイトの全2色展開。

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

(右)後ろウエストのダーツと高め位置に配したポケットが小尻見えに貢献して。
(左)裾部分を縫いつけることでセンタープレスを強調!

Knit

初夏まで活躍するハイゲージニットは
小さくて上品な衿で着映えに差を

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

小さな衿、セットインスリーブ、ゆるすぎずタイトすぎないサイズ感が’きちんとした可愛げ’を演出。定番のデニムコーデも新鮮に。

つけ衿やビッグカラーも引き続き流行っているけれど、大人が普段使いするのにはこのくらいの大きさがいいかな、と。どこかクラシカルな雰囲気も気に入っています。

  • from
  • Makoto
洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

小ぶりな衿が上品な華やぎをくれるハイゲージのプルオーバーニット。シャリッとした肌触りの綿混ポリエステルは、今はもちろん汗ばむ初夏も快適に着用可能。セットインスリーブ+レギュラーフィットの普遍的なサイズ感が、どんなシルエットのボトムも受け止めてくれます。カラーは白衿でアクセントをつけたブラックと、ワントーンでまとめて知的かつシックなムードに引き寄せたネイビーの全2色展開。

Cut and sewm

コンパクトだけどむちっと見えない
サイズ感に仕上げた2つのカットソー

バルーンパンツの立体的なシルエットが生きる、名脇役として作りました。やや細身の作りですが余計な肉感を拾いにくい、大人に優しい仕様になっています。

  • from
  • Makoto
洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

ブラック×ホワイトの極細ピッチのボーダー生地は、薄手でとびきりソフト。しなやかな伸縮性と肌離れのよいサラッとした着用感が特長のコットン天竺素材です。あきすぎず詰まりすぎない絶妙なあき具合のネックラインにパイピングをきかせ、福田さんらしいフレンチベーシックさを醸し出しました。ノーマルなボーダートップスよりも女性らしい空気感で、ボーイッシュになりがちなチノやデニムパンツ合わせもきれいめに。

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

首やデコルテがすっきり映えるボートネックと、広く浅いVネックの前後着用OKな2WAYデザイン。コットン100%のフライス生地はほどよく肉厚で、ハリがありつつも柔らか。ミニマルな着姿とは裏腹に、窮屈さを感じません。さらにひじ下が細見えする八分袖、裾をアウトしたままでももたつかず、横顔も印象的なラウンドヘムと、体がきれいに見える仕掛けも抜かりなし。絶対使えるブラックとホワイトの全2色展開。

One-piece

昨年ヒットしたギャザーワンピースを
スポーティな素材で’今’に再構築

洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

ストレッチ性のあるシャカシャカとした素材で、ほんのりモダンにアップデートしました。合わせる靴によってドレッシーにもカジュアルにもなる振れ幅の広さが自慢です。

  • from
  • Makoto
洗練度が上がる、春の「麻琴ベーシック」

シルエットは’20年と’21年の11月号で大ヒットを飛ばした、あったか素材のギャザーワンピースがベース。細かくギャザーを寄せたハイウエスト切り替えから、ゆったりと揺れる様子が目を引きます。マットな質感の生地はポリエステルとポリウレタンの混紡。セットインスリーブでも肩の可動域を妨げないストレッチ性と速乾性に優れ、洗濯後もノーアイロンで着用できます。背面に長めのファスナーをつけ、着脱しやすさも◎。ブラックとライトグレーの全2色展開。

 
ファッションからインテリア・料理まで、暮らしを楽しむ雑誌「LEE」のオンラインショップ。30代、40代の“きれいめ大人カジュアル”と“上質で豊かな暮らし”を提案します。