2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10 | HAPPY PLUS VOICE
【総額表示に関する大事なお知らせ】

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!

注目ブランドの
「新作」It Bag 10

技術、センス、素材のすべてを揃えても難しいとされる、「愛されるバッグ」作り。一朝一夕には叶わないものづくり力が問われるからこそ、信頼のブランドからチョイスして忙しい毎日に最高の相棒を迎えたい! バイヤーお墨付きの10ブランドから、今季選ぶべきデザイン、カラーを厳選。その理由とともにIt Bagをご紹介します。先行受注のこの時期にゲットして!

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10

DeMellier

Shinzone

BRADY

J&M DAVIDSON

A VACATION

&Myuq

Sita parantica

YOUNG&OLSEN

MACKINTOSH

Aeta

注目ブランドの「新作It Bag」と、
バイヤーの買い付け理由を一挙公開!

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10DeMellier

ハッピープラスストアで、今季初買い付けとなるロンドン発ブランドDeMellier。すべてのバッグが、高度な皮革加工技術で有名な南スペインの工房で作られています。上質な素材を使った高級感あふれるデザインなのに、比較的買いやすいリアルプライスなのもうれしいところ。バッグが一つ売れるたびに子供のワクチン基金に売上の一部が寄付されるというシステムで、買い物以上のアクションが付随するのも手にしたくなる一つの理由です。

by バイヤーMiyaji

いつものカジュアルを格上げする、リアルレザーの存在感

素材の上質さを証明するやわらかなパテッドデザインが、ミニマルな中にも個性を感じさせるミニショルダー。デニム×アースカラーシャツのカジュアルなコーディネートに、こっくりとしたブラウンが季節感を添えて。金具、ロゴともにゴールドカラーで、秋冬に増えるゴールド系ジュエリーとの相性も◎。

ころんと角の取れたフォルムに、ぷっくりしたパテッドの表情が愛らしいショルダーバッグ。リアルレザーで高級感があり斜めかけにしてもカジュアルになりすぎず、キレイめなファッションにマッチします。マチがしっかりあるため、お財布や携帯に加えスマホの充電器、除菌スプレーなども入る見た目以上の収納力も魅力。内側にはファスナー付きポケットと、オープンポケットを一つずつ完備。ショルダーは左右とも4つの穴があり、体型や服に合わせて細かい長さ調節が可能です。モカブラウン、トープの二色をご用意。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10Shinzone

Shinzoneの雑貨ラインLittle vintageから、秋の新作として初のトートバッグがお目見え。ブラック×ホワイトのクラシカルな配色、キルティング加工の相乗効果で、きれいめな服にも合わせやすいキャンバストートバッグに仕上がりました。カジュアルなのにどこか女っぽい。そんなShinzoneのDNAが、しっかりと流れている“らしい”デザインです。

by バイヤーMiyaji

ありそうでなかった、カジュアルすぎないトートバッグ

ショッピングバッグに見えがちなキャンバス地のトートもShinzoneの手にかかればファッションの一部として成立するクオリティに。上品なダイヤ柄のキルティングが施され、ヴィンテージ風スウェットにフリルシャツをレイヤードした甘めのスタイルにもマッチ。シンプルなモノトーン配色なので、合わせるテイストや服を選ばず活躍しそう。

カチッとしたフォルムと大きすぎないサイズ感で、一軍バッグとしても活躍するちょい甘トートバッグ。マチが分厚く、底が安定しているので、自立するのも高ポイントです。PCやお菓子、二つ折の折り畳み傘なども難なく受け止める包容力があり、ワーケーション時の頼れる相棒になりそう。内側の両サイドには、大きめのオープンポケットが配されていて、迷子になりがちなスマホや筆記用具の定位置として便利。ざくざくものを入れたあとは、スナップボタンを留めれば中身の飛び出しも防げます。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10BRADY

1887年、レザーケースメーカーとして誕生したロンドンの老舗ブランドBRADY。アウトドア用としても防水性・耐久性を強めた独自のボンディング素材、トラッドでオーセンティックなデザインは男女問わずファンが多いものの、今季はどの型も生産が少なく争奪戦になりそうな予感。メッセンジャーバッグが有名ですが、今の推しはこの台形のハンドバッグ。バスケット感覚で軽く持てて、キレイめなファッションにも合わせやすいですよ。

by バイヤーMiyaji

機能性とファッション性を兼ね備えたカジュアルバッグ

ニット、コットン、レザーと、異なる質感の白をレイヤードしたリラクシーなスタイルに馴染む、まろやかなベージュのバッグ。アウトドアバッグとしてアイコニックな素材も、カゴバッグのようなフォルムならどことなくフェミニンな印象に。容量のわりに小ぶりに見えるので、スカートスタイルとも相性抜群です。

イタリア・リモンタ社のコットンツイル素材でポリウレタンの膜を挟んだ防水性のあるボンディング素材をベースに、ワックスを多く含み耐久性に優れたレザーでトリミングした、ブランドの伝統製法が詰まったバッグ。ベージュ〜キャメルのこっくりとした配色が、秋冬の気分にフィットします。内側は仕切りやポケットのないミニマムな作りで、ラフにものを収納できるスタイル。PCも入る容量なのにコンパクトに見えるのは底の面積が小さい台形フォルムのおかげ。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10J&M DAVIDSON

フリンジカーニバルや、ツーバイフォーなど、数々の名デザインで愛され続けるイギリスブランド。この秋初登場のクロスボディバッグは、使いやすいミニサイズでブランドが掲げる“エブリデイ・ラグジュアリー”を体現。早くも名品入り確定の予感です。スリムなショルダー、マチがないフラットな作り、スタッズが効いたスパイシーなデザインで、アクセサリー感覚で身につけられます。ビビッドなピンクはシーズンカラーなのでお買い逃しなく!

by バイヤーMiyaji

オールブラックに映える、ディープな秋色ピンクにキュン

今季トレンドのミニ丈ワンピースとニーハイストレッチの旬な組み合わせ。ガーリーな雰囲気を楽しむために、バッグの現実感はなるべく抑えたいもの。愛らしいミニバッグを高めに斜めがけして重心を上げると、バランスよく決まります。渋めの発色、スタッズのついた甘すぎないピンクなら大人も安心。

いつでもどこでも連れて行きたくなるミニバッグ。スマホ、カード、コンパクトなど必要最低限のものは入るのでチェーンウォレットの代わりに使うのがおすすめ。マザーズバッグのような大きいバッグとの2個持ちにもちょうどよい大きさです。薄いつくりで斜めがけしたときの収まりもよく、スーツケースなどの中にもしまいやすいため、旅バッグとしても◎。コーディネートのアクセントになる華やかなピンクの他、安定のブラックをセレクト。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10A VACATION

ファッションの一部として、ときに服になじみ、ときに主張するさまが絶妙なA VACATIONのバッグ。服とのスタイリングに制約のないデザインを考え抜いて生まれるコレクションは、不動の人気を誇るトート“ROCK”や、PCの入るメッセンジャーバッグ”GIGI“など名作揃い。2022年AWに登場した”DRUM“は、小ぶりな円柱型が愛らしいボストンバッグ。2WAYで持てるお得感のある仕様で、じわじわと人気モデルに浮上しています。

by バイヤーS

カジュアルにもレディにも持てる、便利な2WAY仕様

ボーダーとキャスケットがパリジェンヌのような、シックなモノトーンスタイルに斜めがけしてカジュアルに。牛革の本体に、異素材のワイドなコットンベルトをショルダーに採用することで、こなれ感が俄然アップ。服に合わせやすいバッグと称されるのもうなずけます。甘めなワンピースなどと合わせるときは、ハンドルをちょこんと持っても可愛い。

ミニバッグに分類されるサイズ感ながら、脅威の収納力で終日のお出かけでもまったく心許なさを感じさせない実力派バッグ。薄いグレーのボディーには、さりげなくブランド名がかたち取られていたり、持ち手も円柱型のレザーストリングが採用されていたりと細部にまでこだわりが光ります。スマホやイヤホンなどの必需品はもちろん、折り畳み傘やエコバッグなど“入ったら嬉しい”レベルの便利グッズまで収納可能。無段階調節が可能なショルダーは取り外しできます。グレーの他、黒、ネイビー、ブラウンの4色。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10&MyuQ

今季誕生したてのビーガンレザーバッグのブランド。人口皮革ならではの軽さや柔らかさはもちろん、スタイリッシュな佇まいからは想像もできない二万円前後というエコプライスで注目が集まっています。今回一押しするのは、ワンショルダーのバケツ型バッグ。PCなど嵩張るものもざくざく入るので、お仕事バッグとしても優秀。機能性、デザイン性、そしてエシカルな観点からも、おすすめしたい最旬バッグです。

by バイヤーS

ビッグサイズでもフェミニン服と好相性な絶妙デザイン

ロマンティックなフリルのトップスとスカートに、レザーの質感をプラスしてパンチを加えたコーディネート。バッグの内側のミントブルーが、シフォンの風合いが美しいセットアップと爽やかに共鳴します。脱いだカーディガンやストールなど荷物が嵩張る時期は、口が大きく開いて出し入れしやすいデザインが便利。

縦に長いシルエットは、シュッとした見た目だけでなく肩からかけた時も脇に収まりがよいという利点が。四段階で調整できるショルダーを伸ばせば、短めの斜めがけも可能です。内側は、ファスナー付きポケットとオープンポケットが各1つずつ、柔らかいボディでも底鋲付きで自立するので荷物の出し入れもしやすく実用的。本革よりもイージーケアで、悪天候の日も気軽に持てるのがうれしい。写真のヌメ革のようなピュアなライトベージュのほか、オリーブとブラックの三色をご用意。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10Sita parantica

ハッピープラスストア初登場から一年。キャッチーな金具のデザインと収納力、買いやすいプライスで、感度の高いセレクトショップを席巻し一躍人気ブランドとなったSita parantica。ヴィンテージ加工が施されたものや、キルティング生地のものなどカジュアル要素が強かった先シーズンまでと比べ、今季はシックで落ち着いた印象にシフト。大きいサイズでもきれいめに持てるので、リモートと出社が交互で持ち帰り荷物が多い、というお仕事事情にもフィット。

by バイヤーMiyaji

ワンピーススタイルに合わせたい、クラシカルなディテール

チョコレートのような色とフォルム、ベルトと金具がクラス感を醸し出すバッグが、フェミニンなワンピースのスパイスとして大活躍。持ち手とベルト部分以外はトリミング含めキャンバスや布製のテープを用いているので、見た目の大きさに反して軽いのが特徴。きれいめ通勤スタイルから休日デニムカジュアルまで、デイリーに使いやすいデザインです。

秋冬の新作は、キャンバス地とレザーのトリミングの色を揃えた合わせやすいデザイン。PCやA4書類も入るLサイズは、置いておくだけで絵になる端正な縦長フォルムが魅力です。内側には、PCやタブレットを収納できる大きめのポケットが一つ。それ以外は仕切りがなく、ストレスフリーに物の出し入れができます。底鋲付きで自立するため型崩れもしにくいのも、きちんと感を保ちたいお仕事バッグとして、推せる理由です。Lサイズはブラウンとカーキ、サイズは他に横長のSサイズがありブラウンとカーキの他ブラックも。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10


2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10YOUNG&OLSEN

遊び心にあふれたブランド哲学のもとに生み出されるアイテムに、根強いファンが多いヤングアンドオルセン。大人気を博しているレザートートに続くヒット候補は、ボストンバッグのようなドーム型が上品なこちら。口はチャックでしっかり閉めたい、収納力はそのままにもう少しコンパクトなものが欲しい、と思っていたコンサバさんにぴったりのデザインです。今季初登場なので、人とかぶる前にいち早くチェックして!

by バイヤーMiyaji

上品なノーカラージャケットで合わせたいレディバッグ

トラッドスタイルにも、甘めなスタイルにも合わせやすい、ベーシックなボストンバッグ。無駄な装飾がない分、別売りのストラップで表情を変えて、さまざまなテイストに寄せられる”味変”が可能。バッグの色と揃えられるチェーンタイプ、本体と異なる色合わせを楽しめるカジュアルな太ベルトタイプがあり、個性を出せるのも素敵です。

クラシカルな印象の新作バッグ。手触りの柔らかな牛革、ロゴや金具はゴールドをチョイスした高級感のある仕上がりで、ベストセラーのトートバッグだとカジュアルすぎる、といった場合にも活躍しそう。ファスナーでガバッと口が広く開くので中がよく見え、ものが取り出しやすいのもうれしいポイントです。下に向けてマチが広がっているので収納力もあり、小さめの水筒やアイパッドミニなども収まります。同じ形でSサイズも展開。内側にはオープンポケットが一つ。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10




2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10MACKINTOSH

去年から大好評の、マッキントッシュ×ポーターのコラボアイテム。今年はポーターのアイコニックなブラックナイロン素材に、モードなスタッズを施したスパイシーなデザインがお目見え。レインシューズなどバッグ以外にも展開しているのですが、特にものづくりノウハウが凝縮されたバッグの使い勝手は折り紙付きです。ミニサイズとは思えない収納力、ストレスフリーな軽さ、服との合わせやすさなど、どれをとっても優秀!

by バイヤーMiyaji

トレンドのシャカ素材アウターに馴染む、スポーティなナイロン素材

端境期に活躍する軽めのアウターには、レザーよりもナイロンの質感がマッチ。シックな黒、シルバーのスタッズがモード見えするデザインなら、カジュアルになりすぎずトレンチコートなどクラシカルなスタイルにも合わせやすく通勤バッグとしても合格点。汚れを気にせず持てる気軽さも高ポイントです。

ころんと愛らしい円柱型のミニバッグ。小ぶりなサイズ感ながら、スマホやミニ財布などの必需品はもちろん、サングラスや飲み物まで入る頼もしい収納力を備えています。口部分は巾着のような仕様で閉じられるので、中身の飛び出しを防ぎつつスマートに目隠し可能。バッグと同素材のナイロンショルダーもまた軽量。両手を開けたいとき、シェアサイクルを使うときなどすぐにクロスボディバッグとして持てるので、つけっぱなしがおすすめ!

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10


2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10Aeta

アエタのITバッグとも言えるレザーカゴバッグ。カゴの軽やかさ、カウレザーの高級感のいいとこ取りで、季節問わず持てる名品です。金具などの装飾がなく、合わせる服やジュエリーを選ばないのも人気の理由。今季の新色はライトグレー。青みがかったシックな色味で、モノトーンから色ものまで合わせやすい絶妙なニュアンスカラーです。毎回、シーズンカラーは早めにSOLD OUTになるので、お早めのチェックを推奨します!

by バイヤーMiyaji

シックなモノトーンスタイルに映える、今季限定のニュアンスカラー

白黒よりも柔らかく、ベージュよりもスタイリッシュなペールグレー。わずかに水色を感じさせる爽やかな発色で、無難な印象に陥りがちなモノトーンの服に若々しさを添えてくれる絶妙カラーです。マニッシュなジレスタイルも、カゴの風合いで柔らかさとカジュアルさをプラスして親しみやすいコーディネートに。

細いコード状にカットしたイタリア製レザーを、熟練の職人によってすべて手作業で丁寧に編み込んで成形するので型崩れしにくく、使い込んだ経年変化も楽しめるのも魅力です。底部分は円形なので収納力も抜群。必需品に加えPCやお弁当、脱いだストールを入れてもなお余裕があるLサイズは、シーン問わず活躍するのでアエタデビューにぴったり。ものを入れると自然に横に広がって持ちやすくなるのも、編み地のゆとりのおかげです。

2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10
2022AW先行受注会 バイヤー渾身のセレクト!注目ブランドの「新作」It Bag 10


コーディネートも含めた
アイテムをまとめて見る

撮影/川﨑一貴(モデル、ロケ物) 坂田幸一(商品) モデル/神山まりあ スタイリング/大平典子 ヘア&メイク/鈴木智香  取材・文/遠藤彩乃 構成/内山しのぶ

 
元雑誌編集者や百貨店バイヤー、デザイナーなど様々な経歴を持ったファッションのプロ達が集結するHAPPY PLUS STOREのスタッフが、確かな目利きで注目のブランドやトレンド情報を発信していきます。