オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く! | HAPPY PLUS VOICE
【総額表示に関する大事なお知らせ】

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c

ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

大きめサイズやボーイッシュな服をゆるっと可愛く着る、イノセントでコージーなスタイルが今の気分。今回バイヤーがおすすめするのは、レディースでもどこかもメンズっぽいアイテム。そんなメンズライクなアイテムを使って作るスタイルを、フレンチトラッドや英国トラッドのスタイリングに定評がある人気スタイリスト山本香織さんが指南。セレクトのポイントやコーディネートのコツさえわかれば簡単に”ゆるっと可愛い”旬なスタイルに!

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

人気スタイリスト・山本香織さんが指南
ボーイズ風をお洒落にみせる
テッパンルール6

「私のファッションのルーツは、子供のころに読んだくらもちふさこ先生の漫画なんです。女の子がビッグサイズのものに着られているようで、実は着こなしている感じが大好きで今もスタイルの軸になっています。コーディネートを組むときに一番心がけているのはサイズ感。見た感じだいぶ大きいかな、と思うくらいが、着てみるとお洒落度が増します。例えば身長が150㎝台の人でもシャツならメンズのXLサイズをチョイス。襟を抜いてみたり袖をロールアップしたりすることで服と体の間に空間が生まれ、その緩さが余裕だったり色気につながります。ボトムスからメンズ風を取り入れるのも挑戦しやすくておすすめ。手始めに、いつものトップスに合わせてメンズライクな大きいパンツをベルトでぎゅっと締めて穿いてみて。当然ヒップ周りはかなりゆったりしますが、それが細見えにつながります。裾が長い場合はロールアップして足首を見せることで華奢さもプラスされ一石二鳥です。最近では、女性も着ることを前提に作られているユニセックスアイテムが増え、レディスブランドからもメンズっぽいデザインがたくさん出ているので初心者も気軽にトライできます。バイヤーおすすめのアイテムで、媚びないのにどこか女性らしい6つのスタイルルールを考えてたのでぜひご参考に!最後の仕上げはヘアメイク。ネイルを赤にしたり、おくれ毛を出したり。細部をフェミニンに仕上げると、トータルバランスでグッと女らしくなりますよ」

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

プロフィール
スタイリスト山本香織
ベーシックななかにもトレンドを感じさせるスタイリングに、カルト的ファンも多いスタイリスト。女性ファッション誌ではスタイリングのみならずディレクターとしても活躍。企画立案や誌面のディレクションまで自ら行い、そのセンスの良さからTV、CM、カタログなど各方面で引っ張りだこ。

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

ゆるボーダーは、あえて引き締めて着ないのがルール

体が泳ぐビッグサイズのボーダートップス。普通ならボトムスはスリムにしがちなところ、山本さんはこれまたビッグなオーバーオールをチョイス。「定番のボーダーは、オーバーサイズのぶかっとした感じを活かし、あえて大きめサイズのオーバーオールを合わせることでボディラインがさらに隠れ、逆に華奢見え効果が生まれます。袖やパンツの裾をロールアップして、手首、足首を見せればコーディネートがこなれた印象に。ラインソックスを覗かせても可愛いですね」

メイド イン フランス、正真正銘のコットン100%バスクシャツ。熟練の職人がわずか2名体制で作っているので希少性が高く、メンズでは入手困難なレアアイテム。サイズ展開が豊富なので、どんな体型の人も可愛く見せるゆるさが手に入ります。

ボーイッシュなコーディネートにシャイニーなスニーカー。主張があるようで、実はコーディネートやソックスを選ばない名脇役。ユニセックスで展開する574シリーズは、ニューバランスならではのクッション性のある履き心地とジェンダーレスなデザインが魅力。

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

シンプルベーシックスタイルには、小物を“ぎゅっ”とコーディネート

汎用性の高い上質なハイゲージニット×パンツのベーシックなコーディネートも、小物あしらいで新鮮に。トラッドなバッグとストールを、ギュッとタイトめ身につけることで真面目少女のような可憐でイノセントな雰囲気が生まれます。「バッグはショルダーを思い切り短くして斜めがけをすると目線が上がってスタイルアップして見えるし、ストールもコンパクトに巻いて顔まわりにボリュームを出すと対比で小顔効果も絶大です」

薄くて軽やか、微かに光沢を帯びた高級感のある風合いはメンズも展開する老舗ならでは。ベーシックなメンズ風シルエットは、様々なコーディネートが可能。ボーイッシュなパンツと合わせるときは、白Tを裾から出してカジュアルに味付け。

イタリア・リモンタ社のツイル生地の間に、ボリウレタンシートを挟んで圧着した三層構造の素材を使用。トラッドな見た目のまま、雨水などが透水しにくい機能性も兼ね備えたバッグです。表面には撥水加工を施しており汚れにも強く、かっちりと堅牢な作りは、持つほどに経年変化も楽しめる逸品。

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

質感ミックスで、狙った感のない絶妙レイヤードを

”そこにあるものを適当に着たらお洒落になっちゃった” という偶発的な成功を感じさせるナチュラルなレイヤード。「バサッとしたデニムジャケット、ハリのあるシャツ、ゆるめのスウェットと、どれも質感が異なりますが、実はすべてコットンベースという共通点で合わせた時にしっくりきます。ユニセックスのニットはウールだけど、麻っぽいさらっとした質感で自然と馴染みます。パンツのリブ部分にラインソックスを重ねることでさらにこなれ感もプラス」

人気の「DADDY SHIRTS」が、春トレンドのグリーンストライプで登場。ややハリのある素材で、アウトはもちろんボトムインしてもキレイに決まります。膨らみのあるスリーブ、タックの入ったバックスタイルは一枚でもサマになるけれど、ニットの下に重ねて首もとや裾から柄をちら見せさせるとコーディネートがリフレッシュ。

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

ストイックなまでの肌隠しが、品と女性らしさを強調

ビッグロンTをウエストベルトでキュッと締めたコーディネート。「ユニセックスのアイテムだと、必然的にネックラインが緩くなります。そのままゆとりを楽しむのも良いのですが、もう少しキレイめに着たい時はタートルネックのインナーを仕込ませて。冬からロンTを楽しめる、実用的なアイデアとしても有効です。フォトプリントやスタッドつきのベルトなどパンチの効いた要素が多いけれど、ストイックな首もとのおかげで上品にまとまります」

「JANE SMITH」が様々なアーティストとコラボレーションする『THE ARTIST.』シリーズ。片胸のワンポイントのみのシンプルな正面に対して、後ろはモノクロのフォトプリントを施した意表を突くデザイン。袖にもレタリングがあり、360°どこからみても様になります。

コットンにカシミヤを織り交ぜた心地よい肌触りが病みつきのハイネックトップス。レイヤードを前提に作られたフィットする細身シルエットでも、伸縮性があり着心地も抜群です。切りっぱなしの裾がカールするほど薄手素材ながら、ネック部分は2枚仕立てでそのままで立ち上がるデザインになっています。

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

ロゴトレーナーは、トラッドベージュアイテムを味方に

品行方正なロンドンの少年のように、トラッドにまとまったコーディネート。「ともすればこどもっぽくなりがちなロゴスウェットは、トレンチやチノパン、ローファなどのきちんとした要素を持つアイテムと組み合わせてハンサムに着るのが正解です。真面目になりすぎないよう、袖はぎゅっとたくし上げ、足首はスッキリ白ソックスで繋いで着こなしを自分のものに。トレーナーの裾から出した白Tシャツもボーイズファッションに欠かせないこなれテクニックです」

キレイめで機能的な「MICA &DEAL」と、有名セレクトショップも注目す「Americana」の2ブランドがタッグを組んだ「MICANA」。大きすぎずジャストな着丈のトレーナーはボトムスを選ばず活躍。カレッジ風のロゴと首もとのVガゼットがビンテージ感を出し、濃紺でも落ち着きすぎず大人のコージースタイルが楽しめます。

ボーイズコーディネートに欠かせないテクニック、「ロールアップ」をデフォルトでやってくれている神デザイン。フロントタックと腰回りに丸みを帯びたシルエットは、トラッドな中にも女性らしさを感じさせるデザイン。小柄な人でも足首が覗くほどの短め丈は、どんな靴とも相性がよく、冬はソックスを合わせてローファー、春以降はスニーカーやサンダルで一年中活躍させたい。

サイの刺繍アップリケがワンポイントで施された茶目っけのあるキャップ。バッグはアジャスター仕様でサイズの調整が可能なので、パートナーとシェアして使うことも可能。ありそうでないチノ素材は、カジュアルスタイルにはもちろん、トレンチコートなどトラッドなアウターを着たときにもなじみがよく重宝します。

ヴィンテージ加工を施した味わい深い風合いのキャンバス素材に、レザーベルトと金具がアクセントで効いた大人のざっくりトートバッグ。くたっとした質感で荷物が少ないときはスリムな表情なのに、マチがしっかりありA4書類やパソコンはもちろん、2泊分くらいの荷物を受け止める収納力も魅力。

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

スポーティ素材は、モノトーンで取り入れてリッチアップ

カジュアルな印象の強い機能性素材のパーカやバッグは、高見えするブラックをチョイスすれば大人っぽく取り入れやすい。「このコーディネートでも、肝心なのはレイヤード。スポーティなシャカシャカ素材にコットン素材のシャツやハイネックを重ね、シックなモノトーンで全身を統一することで、どこかクラシカルでトラッドな印象に仕上がります。ここでもトレンドのラインソックスがメンズっぽい雰囲気を後押し。一点投入するだけで、コーディネートが俄然今っぽくなりますよ」

水は通さず湿気は通す機能に加えて、更なる軽量化に成功した「GORE-TEX バックライト」。アーバントレックジャケットという名の通り、都会で着るのにふさわしいスタイリッシュな機能性パーカです。フードは取り外しができ、付属のポーチで持ち運びも可能なので、天候に合わせて脱ぎ着できるのも魅力的。

アメリカ在住の日本人が作る、ミニマムなシルエットにアイデアが詰まった機能的なバッグ。持ち手の長さを調節することで、トートとしてだけでなくバックパックとして背負うこともできます。バッグそのものの重さはほとんど感じさせないほど軽量で、PCを入れて仕事に、週末の小旅行にとシンプルで収納力のある万能デザインです。

山本さんイチオシの
ボーイズアイテムはこちら!

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!

詳しく見る


コーディネートも含めた
アイテムをまとめて見る

撮影/川崎一貴 モデル/小山依麻 スタイリング/山本香織 ヘア&メイク/山田大輔 取材・文/遠藤彩乃 構成/内山しのぶ

Recommend Contents

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!
HAPPY PLUS STORE 15th Anniversary
オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!
STANDARD BOOK 2022 Spring/Summer
オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!
春も活躍間違いなし!「ヒットアイテムランキング」

オーバーサイズ、ゴツアイテム、アウトドアブランドe.t.c/ボーイズ風アイテム投入でゆるっと可愛く!
2022年大人のための「細見えデニム」

 
元雑誌編集者や百貨店バイヤー、デザイナーなど様々な経歴を持ったファッションのプロ達が集結するHAPPY PLUS STOREのスタッフが、確かな目利きで注目のブランドやトレンド情報を発信していきます。