トレンドがわかる、買える!大人のためのコマースメディア
トレンドがわかる、買える!大人のためのコマースメディア

暖かくコーデ映えする旬ニット14days

今年はニットがお洒落の主役です!

暖かくコーデ映えする

旬ニット14days

温かみのある質感で季節感を高めるニットは、秋冬欠かせないお洋服。毎日でも着たくなるアイテムだからこそ、見た目が良くて軽やかで、コーディネート映えのするものを選びたい。今回は、敏腕バイヤーが買い付けた、ベーシックでいながら、どこか進化した”レイヤードでお洒落を楽しむ”新作ニットを一挙公開。軽くて長く着ても肩がこらず、ファッションの要になるような敏腕ニットがあれば、寒い日もおしゃれのクオリティはさらに上がるはず! 売り切れる前に、早めに手に入れて。

HAPPY PLUS STOREへ

暖かくコーデ映えする旬ニット14days

Day1

ステップドフェムニットなら、鮮度高めなレイヤードも簡単

秋冬の大人レイヤードは、前後の長さの違うステップドフェムニットにお任せ! 長めのシャツをインするだけで、着こなしが上級者風に早変わりします。2020年秋冬は、ハイネックも気分。ADAWASのカシミアブレンドハイネックなら、どちらも一気に叶えられます。ニットもボトムもブラウンにするなら、シャツはホワイトで抜け感を。はおりは辛口なGジャンで、カジュアルMIXすると◎。

Day2

いつものスカートも、上品バックスリットで一気にこなれ見え

ニット×ロングスカートのコーディネートをファッショナブルに見せるには、ニットのデザインに凝るのが正解! 裾の長さが前後違うADAM ET ROPE’のニットは、バックスリットデザインで360度どこから見ても美シルエット。スカートとさらっと合わせるだけでも、トレンド感たっぷりに仕上がります。こなれ感をあげたいなら、腕元をきゅっとまくって手首を見せるのがオススメです。

Day3

カーディガンをインし、オーバーオールに大人の色気を仕込んで

カジュアルなオーバーオール×ニットのリラクシーな着こなしは、ニューノーマルな暮らしにフィットするコーディネート。大人の女性なら、あえてトラディショナルなVネックニットカーディガンをプルオーバー風に組み合わせて。辛口なスタイルも、デコルテの肌見せでグッと女らしい雰囲気に。ニットのフワフワした質感で、大人の可愛げも上手にトッピングして。

Day3:カーディガンをインし、オーバーオールに大人の色気を仕込んで

ピアス/ココシュニック、バングル/ナイン(ともにココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)スニーカー/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

Day4

着心地最高のベージュニットで、洗練パンツスタイルを楽しむ!

秋冬のアースカラーコーデは、寒々しくならないようにふんわり質感のアイテムを投入するのが正解。suadeoの新作ニットは、フォックスを混ぜた優しい肌触りの糸が魅力。裾口のリボンデザインで、辛口ベイカーパンツに大人の可愛げをトッピングしてくれます。ニットの丈が程よく、スタイルよく見えるのもGOOD。小物を投入するなら、ベージュ系で統一してニットとのリンク感を楽しんで。

Day5

印象的なフレアスリーブニットでワンツーコーデを格上げ!

さっと着るだけで絵になるニットが欲しいなら、ELINの袖コンシャスアイテムを。肩口からふんわり広がるアームは、袖口がキュッと細いのがポイント、身に着けると美しいバルーン状になり、エレガントなムードが加速。この秋冬なら、キレイめな黒スカートとコーデしてフレンチシックに楽しむのもおすすめ。もちろん、デニムやテーパードパンツと合わせて辛口に着こなしても◎。

Day5:印象的なフレアスリーブニットでワンツーコーデを格上げ!

ピアス/ルフェール (UTR PR) バングル/ヨキ(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) バッグ、靴/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

Day6

シンプルな着こなしは、上質ウールの高級感に頼って!

ごくごくシンプルな丸首セーターは、どんなアイテムとも合わせやすく長く愛せる定番アイテム。中でもSCYE BASICSのシェットランドウールクルーネックセーターは、モコモコとした優しい質感が魅力。パンツに合わせてスッキリ着こなすのも素敵ですが、この秋冬は変わりプリーツと合わせて質感の差を楽しむのが気分、ボトムを明るい色で仕上げると、抜け感のある軽やかな印象に。

Day7

シックモノトーンに、ニュアンスピンクで甘さをひと匙

きれいめな白ブラウス×黒パンツにパンプスを合わせたきちんとコーデも、はおりアイテムの差し色効果でたちまち今っぽく! unfilのニットは、上質なイタリアメーカー・lineapiu(リネアピウ)の糸を使用しているので、甘めのピンクを選んでも絶対悪目立ちしないのが◎。カーディガンの袖は少しまくって、ブラウスの白をちら見えさせると抜け感が生まれます。

Day8

いつものベイカーも、ニットベストで旬なきれいめスタイルに

昨年に引き続きニットベスト人気は継続中! フワフワとしたニュアンスのある風合いが楽しめるShinzoneのアルパカベストは、無駄をそぎ落としたシンプルなデザインでレイヤードしやすく、ベスト初心者さんにオススメ。ベイカーパンツに合わせるなら、トップスは白ロンTでごくカジュアルに。鮮度高めな小物で、ピリッとスパイスを加えるとおしゃれ上級者見えします。

Day8:いつものベイカーも、ニットベストで旬なきれいめスタイルに

帽子/カシラ(カシラ ショールーム) ピアス/ルフェール(UTR PR) 時計/ロゼモン(オー・ビジュー) バッグ/メゾ(コランド) カットソー/スタイリスト私物

Day9

後ろ姿も美しいニットで、ロング&リーンな着こなしを

スリーブレスのロングニットは、長めの丈感と新鮮なデザインが魅力。パンツはもちろん、ワンピースやスカートにレイヤードすれば、一層目を引くおしゃれなバランスに仕上がります。前後でガラッと印象が変わるニットなので、バックスタイルも抜かりなく! 上手にまとめるコツは、ニットとワンピ、小物の色を同系色でまとめること。今季らしいムードが高まり、大人な落ち着き感も加速。足元を少し重めに仕上げると、さらに今らしいムードに。

Day9:後ろ姿も美しいニットで、ロング&リーンな着こなしを

ピアス/ココシュニック バングル/ヨキ(ココシュニック オンキッチュ有楽町マルイ店) 靴/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

Day10

辛めスカートコーデは、パープルニットで華やかに

この秋大注目のフェイクレザーのプリーツスカートは、シャープな揺れ感が新鮮。ブラックのスカートならフォトTとコーデして、ロックなムードでまとめるのも素敵です。冷え込み対策にはおりを加えるなら、パープルのアンゴラ混カーディガンを。フワフワした柔らかい質感でハードなムードを適度に緩和しながら、女らしいムードをプラスしてくれます。

Day11

リラックス感のある着こなしは、ニットの質感でリズムをつけて

モヘアのカーディガンは、触り心地の良さ&見た目の可愛らしさで、毎年1枚は持っておきたいアイテム。毎年人気のSAYAKA DAVISのカーディガンは、ゆるっとしたオーバーサイズで今の気分にベストマッチ。フレアスカートやリラックス感のあるプルオーバーとMIXすると、簡単に肩の力の抜けたこなれコーデに。ダークなニュアンスカラーでまとめるなら、ネックレスやバッグに明るい色を取り入れ、抜け感を出して。

Day12

ブラウンのノルディックセーターで、トレンド配色を楽しむ

空前のブラウンブームの今季。茶系アイテムにホワイトを合わせたカフェラテ配色は、手軽にできておしゃれに見えると話題! ついついダークカラーになりがちな秋冬だからこそ、まろやかなカラーリングをあえて楽しんで。手編みで仕上げたモカ色のノルディックセーターは、絶妙な色合わせ&柄で、スタイリッシュなムード。カフェラテ配色もさまになり、大人らしい着こなしに。

Day12:ブラウンのノルディックセーターで、トレンド配色を楽しむ

帽子/カシラ(カシラ ショールーム) ピアス/ルフェール、バングル/ノース ワークス(ともにUTR PR)

Day13

ニュアンスラベンダーなら、カジュアルに着ても女らしく

ADAM ET ROPE’のバックスリットニットは、カラバリ豊富なのがうれしいポイント。大人の可愛げが欲しいなら、ラベンダーカラーをチョイスするのが賢明です。他にはなかなかない高級感のあるニュアンスラベンダーは、肌色に合いやすく上半身に華やかに。ホワイトデニム&スニーカーと合わせても、こんなに女らしく仕上がります。

Day13:ニュアンスラベンダーなら、カジュアルに着ても女らしく

サングラス/モスコット(モスコット トウキョウ) バッグ/エル・エルビーン(エル・エル・ビーンカスタマーズセンター) スニーカー/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

Day14

鉄板アイテムのコーディネートは、フレッシュカラーで盛り上げ

使いやすいシンプルなニット×デニムの組み合わせは、ともすると地味になりがち。そんな悩みを解決するなら、suadeoのニットにお任せを。フレッシュグリーンのプルオーバーは、目を引く鮮やかさながら寒色系でデニムと好相性。トレンドのベージュの盛り上げ役としても適任です。休日のお出かけなら、マウンテンパーカでスポーティーなムードを加えてメンズライクにまとめるのも気分。

撮影/前田 晃 モデル/神山まりあ ヘア&メイク/TOMIE スタイリング/大平典子 文/衛藤理絵 構成/内山しのぶ

HAPPY PLUS VOICE  
元雑誌編集者や百貨店バイヤー、デザイナーなど様々な経歴を持ったファッションのプロ達が集結するHAPPY PLUS STOREのスタッフが、確かな目利きで注目のブランドやトレンド情報を発信していきます。