高感度な大人が支持するブランド① | HAPPY PLUS VOICE
【総額表示に関する大事なお知らせ】

高感度な大人が支持するブランド①

こんにちは。HAPPY PLUS STORE for Loyal カタログ担当のエディター内山です。3月18日にリリースされたこちらのカタログから、人気ブランドをご紹介するシリーズ第1回目は「海外在住の日本人女性デザイナーが発信する3つのブランド」。日本人でありながら、海外に住むことで見えてくる、大人の日本人女性をよりきれいに見せる服作り。シンプルなデザインをベースにしながら、アプローチは3ブランドそれぞれ。どのブランドも着るだけで心地よく、着るだけでこなるるとスタイリストやエディターたちからも支持されています。

1 洗練されたシンプリシティ『seya.(セヤ)』


パリ在住のデザイナー瀬谷慶子さんが2017年春夏から手掛けているブランド。
シンプルなデザインでナチュラルなカラートーンが特徴的。サスティナブルな素材にもこだわり、感度のよい大人にリピーターが多い。

Designer 瀬谷慶子さん(Paris在住)

「日本の女性は基本的に清楚な佇まいが得意だと思います。

清楚な中にある繊細さや女らしさ、セクシーではなくSensualな感じがよいと思います。

きちんとしているのだけど、解けた感じでしょうか」

高感度な大人が支持するブランド①
ファーストシーズンからの定番ドレス。鹿の子調の柔らかなジャージー素材。
裾にあしらった深めのスリットと、五分袖が大人の女性を美しく見せる秘密。
落ち感が美しい素材のよさに、前後さのある裾が歩くたびにニュアンスを生むデザイン。
肌に馴染むアースカラーもseya.の特徴のひとつ。

2 女性でいることを楽しめる 『SAYAKA DAVIS (サヤカ デイビス)』


女性の美しさを引き出す素材とデザインへのこだわり、
時を超えたサスティナブルなものづくりが愛されているブランド。

Designer Sayaka Tokimoto-Davisさん(NY在住)

「多様性を尊重するNYで生活をする中、女性ひとりひとりの個性を活かして楽しめる服を

提供したいという思いが強くなりました。

例えばドレスなどは、170cm台でも、150cm台でも、

それぞれの身長でバランス良く着られるシルエットにこだわっています。」

高感度な大人が支持するブランド①
リラックス+お出かけの両立感が叶う、ソフトなオーガニックコットンを使用した
ジャージー素材のドレス。ツイスト袖のボリューム感がポイント。
二の腕が細見えするふんわりとしたツイスト袖。
カジュアルなジャージーワンピも袖効果できちんと感がUP。
淡いサンドカラーも大人の肌をトーンアップしてくれそう。

3 ジャージ素材に1サイズのみで展開『COGTHEBIGSMOKE (コグザビッグスモーク)』


エイジレス、サイズレス、トレンドレス…着心地のよいジャージ素材にこだわり、誰にでも似合うワンサイズを作り出すブランド。

Designer NORIKO.Iさん(ロンドン在住)

「日本女性のアピールポイントは、ヒップやバストを強調するのではなく、

手首、足首、首元の鎖骨などの間接的なフェミニンさ。

COGはオーバーサイズでも「首」と名のつくパーツは必ずキュッと締めています。」

高感度な大人が支持するブランド①
地厚なジャージー生地が布帛見えする美カットソー
袖口はタイトに絞り、裾の前後差がパンツもIラインスカートもきれいに決まるシルエット。
オーバーサイズの身頃との対比で、女性らしい繊細さが際立って。
七分袖から腕首がのぞき、ブレスレットも映え華奢にみえるデザイン。

★HAPPY PLUS STORE for Loyalのこちらの記事も合わせてご覧ください。

★次回は人気モデル・高橋里奈さんとコラボしたParisマダム御用達靴ブランド『シャテル』をご紹介します。

 
1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャー。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容、ライフスタイル全般への造詣が深い。料理家として料理教室を開き、雑誌、企業にレシピを寄稿。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、国際中医薬膳師、調理師免許の資格を持つ。