トレンドがわかる、買える!大人のためのコマースメディア
トレンドがわかる、買える!大人のためのコマースメディア

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

毎日暑い日が続いていますね。我が家では、昨年まで使っていた薄手のコットンタオルケットでも夜が寝苦しく、ついにリネンケットを購入してしまいました。少しお値段はしますが、寝苦しさはだいぶ軽減したのでお値段相応もしくはそれ以上のお買い物でした。洗うたびにさらに柔らかくなるので肌触りも◎。そんなリネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5をご紹介しちゃいます。

 

まずは5位から。

【5位】リネンケット

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

Lino e Lina/リネンケット トランザット/¥15,800+税

今年、よく売れているのがLino e Linaのリネンケットです!
私も別のシリーズのものを購入しましたが、さらっとした質感・洗うたびに柔らかくなる肌触り・早く乾く・包まるだけで身体の体温を逃がさずほどよく熱を放出してくれる・汗を吸ってくれる…など、挙げたらどんどん出てくるメリットだらけのアイテムです。

デメリットを探すのが難しいくらいですが…敢えて挙げると、お値段でしょうか。リネン産地で有名なリトアニアのリネンを使用し、ワッフル状に織っているため手間が掛かっており、長さも180cmあるのでこのくらいのお値段になってしまいます。
しかし、冬以外はずっと使えますし繊維自体が丈夫なので、長く愛用いただけることを加味すると、お安い買い物だと思います!

 

【4位】リネンバスタオル

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

LAPUAN KANKURIT/バスタオル USVA/¥8,000+税

 

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

LinenMe/バスタオルwashed big waffle/¥6,800+税

リネン素材のバスタオルは、ヨーロッパではよく使用されているタオルになります。
日本では今治や泉州など良質な綿タオルの産地があるため、綿素材がスタンダードになっていますが、昨今の高温多湿な気候を考えたときに、リネンタオルも選択肢の一つとしてオススメさせていただいています。

リネンタオルを特にオススメする時期は、梅雨の時期と冬場です。あとは、タオルをたくさん使用する夏場です。
とにかく、タオルに求められている「水分をよく吸う・早く乾く」は綿と同等もしくはそれ以上で、さらに、場所を取らない・かさばらない・軽い・洗濯機で洗える というメリットも加わると、その良さを分かっていただけるかと思います。特に「早く乾く」という利点は、生乾きが心配な梅雨の時期、長時間の乾燥が必要な冬場に良さを発揮してくれます。

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

LAPUAN KANKURITのバスタオルは、綺麗に織り込まれたリネン地に洗いをかけた「ウォッシュドリネン」と呼ばれる加工が施されており、届いた時から少しクタっとした質感で馴染みが大変良いです。

 

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

LinenMeのバスタオルはワッフル地になっています。肌への接地面が分散されるので「柔らかい!」と驚くと同時に、水分もかなり吸水するのでリネンタオルの利点を肌で感じることができるアイテムです。

 

【3位】リネンキッチンタオル

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

fog/リネンキッチンタオル/¥1,150+税

 

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

Lino e Lina/キッチンクロス プレザンス/¥1,300+税

キッチンタオルやキッチンクロスと聞くと、食器を拭くだけのアイテムと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はキッチン回りのあらゆるお仕事に重宝するアイテムなのです。

食器を拭く、手を拭く、水洗いした野菜の水分を拭き取る、洗った食器の一時置き、食器の目隠し(埃避け)などなど、私が実践しているだけでもこれだけの用途があります!
数年前に水切りカゴを捨て、その代わりにキッチンクロスを敷くようになってから、キッチンがだいぶスッキリしました。シンク周りの掃除もしやすくなり、メリットを感じながら続けています。

fogやLino e Linaも柄の種類が豊富なので、柄によって用途を変える使い方ができるのも嬉しいポイントです。

 

【2位】リネンバスマット

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

fog/リネンマッサージバスマット/¥3,500+税

累計2000枚以上を販売!FLAG SHOPで長年ご好評をいただいているリネンバスマットが堂々の2位です。早く乾くのはもちろんですが、リネンをパイル状に編んでいるため独特のシャリ感が生まれ、足裏にほどよい刺激を与えてくれる点も人気の秘密です。

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

コンパクトなサイズなので、洗面所が狭い集合住宅や1人暮らしのお部屋でも邪魔にならないのが良いです。

 

さぁ、気になる1位の発表です!

【1位】リネンエプロン

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

Lino e Lina/マノン リネンフルエプロン/¥5,800+税

 

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

fog/リネンパイピングエプロン/¥4,600+税

 

夏はフル活用!リネン素材のおすすめ雑貨ランキングTOP5

Lino e Lina/アニタ リネンフルエプロン/¥6,900+税

 

おすすめ1位は、リネンエプロンです!
エプロンは家事の必需品ですが、面倒だからできれば避けたいと思われているのが「エプロンのアイロンがけ」です。シワのばしや、長~い紐のアイロンがけは時間もかかり、夏場は暑さとの勝負…。できれば行いたくないですよね。
リネン素材だと、洗って乾かしたままの多少の細かいシワも、あまり目立たず気にならないので、アイロン無しで着用できます。

種類も豊富で、Lino e Lina のマノン リネンフルエプロンは、上品に見える細めの紐や発色の良いカラバリが大変好評です。
また、同じLino e Lina の別シリーズ・アニタ リネンフルエプロンは、幅広の肩紐が肩こり持ちの人に好評です。肩への負担が分散されるだけでもこんなに軽く感じるのか!と私も感心してしまったアイテムです。右腰あたりにキッチンクロスを掛けられるボタンも付いているので、さっと手を拭きたい時にも便利ですし、左膝付近のスリットのお陰で屈む姿勢の時も窮屈にならず色々と考えられたデザインで、バイヤーの一押しエプロンです。

 

リネン素材の雑貨は、今や夏だけではなく年中使えるアイテムとして進化しています。
洗濯機でも洗えるのでコットン素材と同じような感覚で、お洋服だけではなく、日用雑貨にもリネン素材を上手に取り入れてみてください♪

 

雑貨専門ページ「zakka market」では他にも旬なアイテムや、人気ブランドの最新アイテムなどをご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

★☆ FLAG SHOPの雑貨専門ページ 【zakka market】 ☆★

 

★ 【zakka market】 のインスタグラム ★

 

 

 

バイヤーtomoco  
山口県下関市出身。飲食店を営んでた家庭に育ち、「食」と「空間」の 大切さを幼少期から日常に触れて過ごしてきました。 2008年からキッチン用品の販売員、メーカー、問屋の経験を積んで、 HAPPY PLUS STOREのバイヤーへ。