トレンドがわかる、買える!大人のためのコマースメディア
トレンドがわかる、買える!大人のためのコマースメディア

バイヤーのこれ買いアイテム ブログリレー 【自腹買い愛用ベスト3】vol.5 バイヤーminacci

ファッショントレンドの最前線で活躍するHAPPY PLUS STOREのバイヤーが、
自腹買いした愛用ベスト3品をリレー形式でお届けするこの企画!
第5回は、インテリア雑貨バイヤーのminacciがお届けします!


コケティッシュな色目づかいがキュート

BJORN WIINBLAD
エヴァ フラワーベース


BJORN WIINBLAD ビヨン・ヴィンブラッド エヴァ フラワーベース イエロー 5,000円+税

写真左のイエローを愛用中。
生ける花によって雰囲気が変わるので、ミニブーケをふわっと飾ったり、一輪だけ斜めに挿したり、都度、季節の花を楽しんでいます。


BJORN WIINBLAD ビヨン・ヴィンブラッド エヴァ フラワーベースにガーベラとバラを合わせました

清楚なホワイトカラーのガーベラやバラを挿してみました。とってもエレガントな雰囲気に。

BJORN WIINBLAD ビヨン・ヴィンブラッド エヴァ フラワーベースにミモザを合わせました

こっちはミモザを大胆にざっくりと挿しただけ。春らしさ満開。


いろいろなグラスを使ったけど今はコレ

BOROSIL
VISION GLASS S 2個セット


BOROSIL ボロシル VISION GLASS ヴィジョングラスS 2個セット 1,600円+税

インドの理化学ガラスメーカーがつくる家庭用耐熱ガラス食器。理化学ということで、電子レンジ・オーブンはもちろん、直火もOK。急冷にも耐えられる、というたのもしさ。


BOROSIL ボロシル VISION GLASS ヴィジョングラスは電子レンジ・オーブン・直火に対応

ミルクティーが好きで、珈琲実験室の濃縮紅茶をミルクで割って飲んでいます。適正容量は200ml弱くらいなので、ちょっと喉を潤したいなという時にちょうど良いサイズ。

BOROSIL ボロシル VISION GLASS ヴィジョングラスは適度な薄さとなめらかな口当たり

見た目が薄く繊細で壊してしまいそう…と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は程よい厚みがあって薄過ぎるということはなく、縁の部分が丸くなめらかに処理されているので、口当たりがソフトです。


傘好きが選んだ今年の日傘

Recreational Vehicle
【RESTFOLK】晴雨兼用傘
ジャガードブラケットライン


RESTFOLK レストフォーク 晴雨兼用傘 ジャガードブラケットライン 15,000円+税

学生時代、人づてにイイダ傘店の飯田さんに会いに行ったり、趣味で日傘を作ってしまうほどの隠れた傘好きですが、かわいい日本製の傘を20SSのコレクションから発見し、購入してしまいました。


RESTFOLK レストフォーク 晴雨兼用傘 ジャガードブラケットラインは国産の上質なジャガード生地でかわいい幾何学模様が特徴

point 1

播州織の上質なジャガード生地

傘生地は、織物の産地で知られる兵庫県西脇市で織られたジャガード生地を使用し、UV撥水加工を施しています。幾何学模様が連なっており、光の当たり具合で模様が輝くところがお気に入り。

RESTFOLK レストフォーク 晴雨兼用傘 ジャガードブラケットラインは中棒に樫を使用しており丈夫

point 2

しっかりと強度のある中棒

持ち手部分には竹を使用し、中棒部分には丈夫で曲がりにくい樫(カシ)を使用しています。1つ1つ職人の手でつくられた、国内生産の傘です。

RESTFOLK レストフォーク 晴雨兼用傘 ジャガードブラケットラインは女性が差した時のシルエットを考えたすっきりとしたデザイン

point 3

大きすぎず小さすぎないサイズ

女性が差した時、閉じた時に大き過ぎないシルエットを意識した親骨47cmサイズ。無駄なパーツが無いので、差していない時もすっきりと持ち運べます。
私自身、コットンやリネン素材の服装が多いので、こちらの傘はコーディネートによく合います。


他にもおすすめアイテムがそろっています。バイヤーの「これ買い!」アイテム記事をチェックしてみてくださいね★

バイヤーの「これ買い!」アイテム一覧へ移動


バイヤーのこれ買いアイテム ブログリレー 【自腹買い愛用ベスト3】vol.5 バイヤーminacci
雑貨専門サイト 雑貨マーケット
雑貨マーケットのインスタグラムでは日々のバイヤーのおすすめ商品を更新中
雑貨マーケットInstagram
雑貨マーケットのメルマガ会員募集中
雑貨マーケットでは雑貨専用メルマガ会員を募集中です!
バイヤーtomoco  
山口県下関市出身。飲食店を営んでた家庭に育ち、「食」と「空間」の 大切さを幼少期から日常に触れて過ごしてきました。 2008年からキッチン用品の販売員、メーカー、問屋の経験を積んで、 HAPPY PLUS STOREのバイヤーへ。